映画の話をします

映画、海外ドラマ、僕の好きなもののことを書いていきます

ハッピー・ホーガン役ジョンファブローインタビュー~road to Avengers4~

 

映画『アイアンマン3』のパンフレットより、ハッピー・ホーガン役ジョン・ファブローのインタビューを紹介します。

 

-ハッピー・ホーガンとして戻ってこられてどう思いますか?

それは楽しいよ。ハッピーはもともと重要な役ではなくて、ただ作品の中でも仲間としていられるための役だったんだ。それにいまだから話せるけど、最初の映画では演技の幅も広くないし、ちょっとした名誉エキストラみたいなもので、編集カットしたところもあったし。2作目にいたっては格闘シーンがあったり運転したりしてもっと楽しめたけど、仕事も増えて、監督もしながら(自分の)演技のことを考えるのは至難の業だった。ただそこに脇役というか、背景のような存在としていただけさ。

でも今回の映画では毎日の役割がそう多くはない。俳優やスタッフが何をしているのかは理解している。だが中心になるのはロバート(・ダウ二―Jr.)やシェーン(・ブラック)、(製作の)ケヴィン(・ファイギ)、それに(製作総指揮の)スティーヴン・ブルサードなんだ。製作総指揮として関わってはいるけれど、どっちかというと孫と好きな時に遊べるおじいちゃんみたいなもので、おむつを代える必要がない、そんな存在さ。だからここにいることが出来て楽しいよ。スタッフのことはほとんど知っているしなじみのある場所に戻ってきたような感じさ。彼らも僕のことを知っているし、笑いのセンスも似ているし、共に歩んできた歴史がある。

 

-この映画におけるハッピーとトニーの関係は?

アイアンマン2』の最後で、ハッピーはペッパーと仕事をしていてもうトニーの右腕ではなくなっていた。しかも3は『アベンジャーズ』の後の話なので、2が終わった時点でトニーだけがスーパーヒーローだったのが変わっているし、空から宇宙人もやってきた。なのでここまで不思議なことばかりが起こってきた。しかもふたりはもう共に行動していない。それぞれ別のことをしている。ハッピーはとても真面目にスターク・インダストリーズとペッパーのために働いている。しかも原作だとハッピーはペッパーに惚れていて結婚までする。だからその要素も演じながら入れたいと思っていたんだ。運転手として一緒にいるけれど、彼女は親友(トニー)と付き合っていて・・・だから(ペッパーには)絶対に手は出せないんだ。