映画の話をします

映画、海外ドラマ、僕の好きなもののことを書いていきます

「アントマン」パンフレットからコリー・ストールインタビュー紹介

アントマン&ワスプ」公開直前ということで、前作の「アントマン」からダレン・クロス役のコリー・ストールのインタビューを紹介します。

 

f:id:k_matuya:20180821084210j:image

 

-悪役を演じるにあたって意識したことは?

私にとってダレン・クロスは、幅広い、自由な演技をする機会を与えてくれた役だ。ダレンは優秀なセールスマンとして振る舞い、同時に偉大な人物として振る舞おうとする。だけど、現実にそう振る舞っても、彼の願望はいつも挫折しているのさ。ダレンは演じるのが面白いキャラクターだった。彼の中には小さな怯えた少年と、自慢したがりの会社社長という正反対の性質があるからだ。

 

-マイケル・ダグラスとの共演はいかがでしたか?

大変偉大で、非常に存在感のある俳優だ。私のキャラクターが持つ大きな背景は彼が担っているので、これは素晴らしいことだった。共演するたびに、あっという間に場面のすべてが現実味を帯びるんだ。信じられないくらい最高の共演者だったね。

 

-ワイヤーやスタントなどのアクションは実際にこなしたんでしょうか?

実際にやったし、とても楽しかったよ。撮影したアクション場面のいくつかは、私の動作のサンプルをCG作成時に提供するためのモーション・キャプチャーだった。それから合成用のグリーンバックでの撮影があったが、だいたいは目の撮影が中心だった。マスクを通して私の目が映る場面が多いからね。

 

-それからの場面の撮影時には、子供のような気分になりましたか?

その通り。撮影の最初の日からずっとだよ。あるモーション・キャプチャー撮影の時には、スタントマンたちが一列に並び、私に向かっていっせいにボールをなげつけたんだ。爆弾を避けるアクションを撮るためにね。「ドッジボールで遊んでお金がもらえるなんて、クールだな!」と思ったよ。